[UWP] AdMediator を使って広告を出す

AdMediator を使うと Microsoft Advertising と AdDuplex の広告をいい感じに出してくれます。
広告プラットフォームのサポート状況は 広告ネットワークの選択と管理 を参照してください。
基本的には 広告の仲介コントロールの追加と使用 (Windows) に従ってコントロールを追加します。

1. Microsoft Universal Ad Client SDK をインストール

Microsoft Universal Ad Client SDK 拡張機能 から SDK をダウンロード&インストール。
Visual Studio の再起動が必要です。

2. XAML デザイナーにドラッグ&ドロップ

ツールボックスの AdMediator Universal にある AdMediatorControl を XAML デザイナーにドラッグ&ドロップすると必要な広告メディエーター アセンブリ参照がプロジェクトに追加されます。
※コントロールは追加されません。

3. もう一度 XAML デザイナーにドラッグ&ドロップ

手順 2 では参照の追加だけなのでもう一度ドラッグ&ドロップをしてコントロールを追加。
下記のように ID が生成されれば成功です。

<Universal:AdMediatorControl x:Name="AdMediator_F3EEB8" 
 HorizontalAlignment="Left" Height="250" Id="AdMediator-Id-F7568647-90DB-48BC-B3CA-58E5B6EBC146" 
 Margin="216,214,0,0" VerticalAlignment="Top" Width="300"/>

※Microsoft Universal Ad Client SDK Version 2.0.2 まではドラッグ&ドロップしても ID が生成されなかったのですが Version 2.0.4 で ID が生成されるようになりました。

※ただしドラッグ&ドロップしたときに同一 XAML に定義されている DataTemplate の x:DataType が削除されるので修正が必要です。

4. 広告ネットワークの構成

ソリューション エクスプローラーでプロジェクトの名前を右クリックし、[追加] をクリックします。
次に [接続済みサービス] をクリックして [接続済みサービスの追加] ウィンドウを表示します。
接続済みサービスの追加
[広告メディエーター] をクリックし、[構成] をクリックして [広告メディエーター] ウィンドウを開きます。
広告メディエーター
AdMediator.config ファイルがプロジェクトに追加されます。
[広告ネットワークの選択] を選び、使用する広告ネットワークを選んで、[広告ネットワークの選択] ウィンドウで [OK] をクリックします。

以上で完了です。実行すると Microsoft のロゴが表示されます。

5. 広告サイズの変更

手順 4 までで広告の表示はできますが広告のサイズを変更したい場合は Width, Height プロパティを下記の値に設定します。
詳しくはドキュメントの サイズと位置を調整する を参照してください。

Microsoft Advertising 用にサポートされる広告サイズ

Windows 10 と Windows 8.1:

160 x 600
250 x 250 (このサイズで使える広告はほとんどありません。フィル レートと eCPM を最大化するには他のサイズを使うことをお勧めします)
300 x 250
300 x 600
728 x 90

Windows 10 Mobile、Windows Phone 8.1、Windows Phone 8:

300 x 50
320 x 50
480 x 80
640 x 100

【参考】
広告の仲介を使って広告収入を最大限に高める方法 (Windows)
Windows 10 Advertising SDK Walkthrough
Ad ID not inserted when universal ad mediator control added to XAML page.
How to integrate “Ad Mediator” in your apps?


カテゴリー: UWP タグ: , , , , パーマリンク