Windows 10 バージョン 1511 でネットワークに接続できない場合の対処法

Surface Pro 3 を Windows 10 バージョン 1511 (Threshold 2) に上げたら
ネットワークに接続できなくなるトラブルがしばしば起きるようになりました。
一度目はバージョンを上げた直後、二度目は Hyper-V を無効化したとき。

方法 1

一度目はバージョンを上げた直後だったので
スタートメニュー「設定」から「更新とセキュリティ」を選択して
回復の「以前のバージョンに戻す」でバージョンアップ前に戻しました。
(おそらく後述の方法で直せると思うので推奨しません。)

方法 2

二度目は一度目と同じ方法が使えなかった(「以前のバージョンに戻す」がない)のでネットワーク周りを調査。
スタートメニューを右クリックして「ネットワーク接続」を開き、「Network Bridge」をダブルクリックして起動。
このドライバーが破損しているらしく、修復したら直りました。


カテゴリー: 開発環境 タグ: , パーマリンク