Vagrant 1.6 変更点

2014年5月6日に Vagrant 1.6 がリリースされていました。
下位互換性を保ったバージョンアップになります。詳細はこちら

主要変更点

Global Status and Control

$ vagrant global-status
id       name    provider           state              directory
---------------------------------------------------------------------
4174bb6  web     virtualbox         stopped            c:/hashicorp/foo
72a2e4d  default vmware_workstation running            c:/hashicorp/bar
865a979  default virtualbox         suspended          c:/hashicorp/baz

旧バージョンで作成した環境はバージョンアップ後に再度 vagrant up する必要有。
どのディレクトリからでも全てのコマンドが実行可能。

$ vagrant ssh 72a2e4d
Welcome to Ubuntu 12.04.3 LTS (GNU/Linux 3.8.0-29-generic x86_64)
 
vagrant@vagrant:~$

Windows Guests

ゲスト OS に Windows をサポート。
vagrant rdp コマンドでリモートデスクトップも可能。

Docker-Based Development Environments

Docker 対応。詳細は以下のサイト参照。
Vagrant 1.6、Dockerコンテナのサポートを追加
Vagrant 1.6 が出たので Docker Provider を試してみた

その他変更点

vagrant version

vagrant -v の進化版 vagrant version

$ vagrant -v
Vagrant 1.6.3
$ vagrant version
Installed Version: 1.6.3
Latest Version: 1.6.3
 
You're running an up-to-date version of Vagrant!

provision の実行を once か always から選択

always を選択すると vagrant up や vagrant reload のときにも実行される。

実行時メッセージ

vagrant up を実行したときに表示するメッセージを Vagrantfile に書くことが可能。

Box を LZMA で圧縮可能

LZMA 圧縮に対応。


カテゴリー: 開発環境 タグ: パーマリンク