[Git] 間違えて master にコミットしてしまった場合に正しくブランチを切ったことにする

間違えて master にコミットしてしまった場合に、正しくブランチを切ってコミットした状態に直す。
間違えて切った master にいるものとします。(いなければ git checkout master しておく。)

# 本来あるべきブランチを切る
git branch ideal_branch
# master を1つ前に戻す(複数コミットしてた場合は HEAD~3 など)
git reset --hard HEAD~


【詳細】

git checkout master
# ブランチの状態(参考を参照)
git graph
* (HEAD, master) wrong commit
* base commit
git branch ideal_branch
git graph
* (HEAD, ideal_branch, master) wrong commit
* base commit
# master にいることを確認
git branch
* master
  ideal_branch
git reset --hard HEAD~
git graph
* (ideal_branch) wrong commit
* (HEAD, master) base commit
git checkout ideal_branch
git graph
* (HEAD, ideal_branch) wrong commit
* (master) base commit

【参考】
Gitでブランチを作るのを忘れてmasterにコミットしてしまったときの対処法
Gitのちょっと便利な使い方 (git graph)


カテゴリー: バージョン管理 タグ: パーマリンク