ローカルで作成したリポジトリを GitHub にアップロードする

GitHub で作成したリポジトリは git clone でローカルに持ってこれます。
では逆はどうするのか。
Git なので単にリモートの設定をしてプッシュするだけです。
手順は以下。Windows での手順ですが他の環境でもやることは一緒。Linux での手順はこちら

SSH 接続の設定

GitHub for Windows をインストールすれば SSH 接続の設定までやってくれます。
同時に Git Shell がインストールされ、そちらからも SSH 接続できます。
“ssh git@github.com” で接続できるか確認可能。(shell でアクセスはできないのですぐ切断されます。)

>ssh git@github.com
Hi SnowCait! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.
Connection to github.com closed.

GitHub にリポジトリを作成

ローカルにコミットがあるので README 等は全て無しで。
リポジトリ作成

ローカルでリモートの設定をしてプッシュ

git remote add origin git@github.com:SnowCait/RepositoryName.git
git push -u origin master
リポジトリ作成後の画面に手順の説明があるのでそれに従ってプッシュすれば完了。
Git Shell でローカルリポジトリまで移動して実行。

【参考】
git push の -u オプション


カテゴリー: バージョン管理 タグ: , パーマリンク