TypeScript で window.onload

ドキュメントロード時に行いたい処理は window.onload に書きます。
window.onload に処理を書くには上書きと追加の2通りがあり、基本的には追加を使います。

[TypeScript]
 
window.onload = (e) => {
    console.log("上書き");
};
 
window.addEventListener("load", (e) => {
    console.log("追加");
});

と書いてコンパイルするとそれぞれ以下のようになります。

[JavaScript]
 
window.onload = function (e) {
    console.log("上書き");
};
 
window.addEventListener("load", function (e) {
    console.log("追加");
});

※ addEventListener と console.log は Internet Explorer にはありません。


カテゴリー: TypeScript タグ: パーマリンク