Windows PowerShell で Composer を使う

Windows PowerShell で Composer をインストール。

本体 composer.phar

PHPがインストールされているディレクトリ(php.exe があるとこ)で以下を実行。

php -r "eval('?>'.file_get_contents('https://getcomposer.org/installer'));"

composer.phar というファイルが作成されます。
管理者権限等が必要で実行できない場合は他のとこでやって移動すればOK。
Web Platform Installer を使用して PHP をインストールした場合は

C:\Program Files (x86)\IIS Express\PHP\v5.3

になります。ディレクトリへのパスは自動で設定されます。

実行ファイル composer.bat

@ECHO OFF
php "%~dp0composer.phar" %*

という内容の composer.bat をPHPがインストールされているディレクトリに作成。
適当なディレクトリで実行してみましょう。

composer --version
Composer version d740f502772929d127f6d58e4f5a71463b1147e6

みたいなのが表示されればOK。
パスが通ってないと動かないと思うので PHP のディレクトリにパスを通しておいてください。

注意

参考サイトではシングルクォーテーションで囲んでありますがそのままだとエラーになります。

Could not open input file: 'C:\Program

ダブルクォーテーションで囲むようにしてください。

【参考】
Global installation of Composer on windows(英語)


カテゴリー: PHP タグ: , , パーマリンク

Windows PowerShell で Composer を使う への4件のフィードバック

  1. ピンバック: Windows Azure Web サイトで Laravel を動かす | 雪猫ノート

  2. ピンバック: インストール済みの Laravel4 を最新の状態に更新する | 雪猫ノート

  3. ピンバック: ロリポップサーバーで Composer を使う | 雪猫ノート

  4. ピンバック: Laravel で PHPUnit を使う | 雪猫ノート

コメントは停止中です。