WindowsでVagrantを使ってVirtualBoxにCentOS6.5の仮想環境を作る

Windows 上に CentOS 6.5 の仮想環境を作る。
コマンドは PowerShell またはコマンドプロンプトで実行。

ツールのインストール

Vagrant (DOWNLOADS > WINDOWS Universal (32 and 64-bit) : vagrant_1.5.2.msi)
VirtualBox (Downloads > VirtualBox 4.3.10 for Windows hosts : VirtualBox-4.3.10-93012-Win.exe)

Vagrantfile 作成

基本的に全ての設定を Vagrantfile に書きます。
適当なフォルダーで以下のコマンドを実行。

vagrant init centos65 http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.5-x86_64-v20140311.box

centos65 の部分は任意の名前、URL は こちら の最新。
※Chef がインストールされている box です。

Vagrant 実行

vagrant up

仮想化支援機構(VT-x/AMD-V)を有効化 しておく必要があります。

SSH

vagrant ssh-config

で表示される情報で SSH アクセスできます。
秘密鍵は IdentityFile 。

その他コマンド

vagrant status : 状態を確認
vagrant halt : 仮想環境を閉じる
vagrant destroy : 仮想環境を削除

【参考】
Vagrant日本語ドキュメント


カテゴリー: Linux | タグ: , , | コメントする

Vagrant を使って VirtualBox に CentOS 7.0 環境を作成する

VagrantVirtualBox をインストールして PowerShell か コマンドプロンプト で以下のコマンドを実行

vagrant init chef/centos-7.0
vagrant up

Putty 等で localhost:2222 に接続。
ログインは ID:vagrant PW:vagrant 。

[vagrant@localhost ~]$ cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.0.1406 (Core)

クリーンな(何もインストールされてない) CentOS 7.0 環境の出来上がり。

詳細は WindowsでVagrantを使ってVirtualBoxにCentOS6.5の仮想環境を作る | 雪猫ノート


カテゴリー: Linux | タグ: , | コメントする

Git のコミットメッセージから GitHub 上の Issue を閉じる

Closing issues via commit messages · GitHub Help の和訳

コミットメッセージから Issue を閉じる

コミットメッセージにキーワードを含めることで GitHub 上の Issue を自動的に閉じることができる。

同リポジトリ内の Issue を閉じる

同リポジトリ内の Issue を閉じるにはコミットメッセージに Issue 番号と一緒に下記のキーワードのいずれかを使用する。
「Fixes #45」と書けばデフォルトブランチにマージされたときに #45 の Issue を閉じてくれる。

デフォルトではないブランチにコミットした場合は Issue は開いたままでツールチップ付でリンクされる。

Issue を閉じるためのキーワード

以下のキーワードはコミットメッセージから Issue を閉じてくれる。

  • close
  • closes
  • closed
  • fix
  • fixes
  • fixed
  • resolve
  • resolves
  • resolved

異なるリポジトリの Issue を閉じる

異なるリポジトリの Issue を閉じるには「username/repository#issue_number」とします。
参考: Writing on GitHub

複数の Issue を閉じる

複数の Issue を閉じるにはコミットメッセージに複数のキーワードと番号を書けば良い。

例えば「This fixes #34, resolves #23, and closes example_user/example_repo#42」と書けば #34, #23 および example_user/example_repo リポジトリ #42 の Issue を閉じてくれる。


カテゴリー: バージョン管理 | タグ: , | コメントする

Windows ストアアプリをリモートデバッグする

Visual Studio を実行しているマシン以外のタブレット等でデバッグ実行する方法。

インストールと実行

ストアアプリを実行したいマシン(タブレット等)で以下のサイトから Remote Tools をインストール。
リモート マシンでの Visual Studio からの Windows ストア アプリの実行
基本的には Update 1 の方をダウンロードすればOK。Visual Studio のインストールは不要。

Remote Debugger を実行。
Remote Debugger

Visual Studio からリモートコンピューターを選択してアプリを実行。
以上。

リモートコンピューターを見つけられない場合はプロジェクトのプロパティを開いて
デバッグのタブにあるリモートコンピューターの項目で検索。

VivoTab Note 8

ASUS VivoTab Note 8 の場合は x86 版を選択。
PC 情報
x64


カテゴリー: Windows ストア アプリ | タグ: | コメントする

Surface Pro 3 で Twitter の認証ができず艦これが通信エラーになるので Windows を再インストールした

症状

購入したばかりの Surface Pro 3 で以下の症状が発生。

  • Twitter の OAuth 認証ができない
  • 艦これが GAME START 画面以降で通信エラーになる
  • Visual Studio の NuGet でエラー

時刻やタイムゾーンは確認しましたが正常な状態。

解決方法

どうしようもなさそうだったので Windows の再インストールをして解決しました。
ファイルのバックアップをとって、電源に繋ぐ。
「PC 設定の変更(上記画像参照)」→「保守と管理」→「回復」を開く。
「すべてを削除して Windows を再インストールする」の「開始する」を選択。
再インストール

ドライブを完全にクリーンアップするか聞かれるので今回は「ドライブを完全にクリーンアップする」を選択。
クリーンアップ

しばらく待つと再インストールが完了し、初期状態に戻ります。
症状が全て解決していることを確認。
ASUS VivoTab Note 8 で画面の向きが固定されてしまう のときとは違い「ファイルの削除のみ行う」では解決しませんでした。

【参考】
PC をリフレッシュ、初期状態に戻す、または復元する方法


カテゴリー: 雑記 | タグ: , | コメントする